3月18日 印象西湖・中国杭州レポついに最終回

3月18日(水)

1月から続けていた中国・杭州レポですが、今日やっと最終回(笑)
本来台湾のはずだったのを急きょ杭州に変更したのは、張芸謀演出の湖面ショー「印象西湖」のすばらしさを雑誌でチェックしていたから。

つまり、杭州旅行の第1の目的であった「印象西湖」。
この感動をここに記して、杭州レポを終えたいと思います。
おつきあいいただき、ありがとうございました。今後は通常どおり、創作とそれにまつわるいろんなことをつづりたいと思います。

・★・★・★・★

12月30日 とっぷり暮れた夜8時。

まず、湖面に設置された丸いスクリーンに簡単なプログラムが映し出される。会場はまだざわついたまま。
実はこの時、「あ、こういうスクリーン映像とかも使うんか…」とちょっとテンションダウンしたのだが、そのスクリーンが消え、静まり返って間もなく湖面に一人の俳優が現れる。歩いてくる。
この時点で一気に夢心地に持っていかれました!

真っ暗な水の上に真っ白な衣装の書生、なんて幻想的なのgawk

すると次の瞬間、湖の岸辺がいっせいにライトアップshine冬枯れの並木、そして歴史ある石橋が浮かび上がった…
胸の前で手を合わせて息を呑み、そのまま体を動かすことすらできない!ただただ目の前の光景をくいいるように見つめるのみ。

ストーリーは、ある青年と白蛇の精が西湖で出会い恋に落ちるが、引き離されて…というもの。

書生と白蛇の精のやりとりの間には、魚の乱舞や白鳥の群れが飛ぶ様子など、黒い衣装に身をつつんだ俳優さんたちが電飾の小道具を操ることにより表現。
このあたり、「闇」というものが最大限に生かされている。

夜の湖、観客からは遠く、暗くよく見えないという通常ならマイナス面だが、「ないものいかし」ともいえる演出がニクイ。

主な登場人物2人が舞台(=湖面)をはける時には、すーっと、いつの間にか闇から現れていた小船に乗って。
ハァ~~~(美しすぎてため息)
ついでにネタばれになるけど、最後のカーテンコールの時に、主役を演じた2人(何組かいる)が次々にこの小船に乗って登場し、観客の前を滑って行く。
ハァ~~~(またまたため息)
えっ、えっ、もう終わり!?ちょっと待って~~crying

…1時間弱、体全体がこわばるぐらいに寒かったけど、とっても贅沢な時間でした。
あっという間でしたよ。
前日は湖面が凍りつき、機材に不備があったとのことでしたが、この日は大丈夫。よかった!
風邪ひいて、熱だしても見る価値あります!
って、これは超・独断的?意見ですが、冬に行かれる方はあったかくしていけば大丈夫です。

関連サイトをチェックしてみると、「環境破壊」だとかなんとかでこのショーには批判も結構あり、公演もいつまで続くかは未定だとか。

↓印象西湖挿入歌のプロモーション(印象西湖の模様+歌手の映像)
http://www.youtube.com/watch?v=kabVp6R1Gfg&feature=related

↓印象西湖(舞台そのもの)のプロモーション
http://www.youtube.com/watch?v=oEcPJRiRaT4&feature=related

| | コメント (6)
|

2月18日 西湖の夕暮れ

2月18日(水)

久しぶりに杭州レポートです。(まだ終わってない)

レポというか、この風景を見ておだやかな気持ちになっていただけたらいいなと思います。

2008_1231_172151aa 

ところで、吉本のタレント東野幸治とナインティナインの岡村隆史が、番組で杭州旅行していたのにはびっくりしました。
画面から「同時期に行ってたんやな!」というのがわかります。
同じような観光ルートで、同じレストランで食事。
チャン・イーモウ監督が演出した西湖での湖面ショー「印象西湖」も観に行ってました。
この「印象西湖」についてはまたの機会に書いてみたいと思います。

| | コメント (0)
|

2月9日 杭州の自由市場

2月9日(月)

家にひとりでいて、テルミンminiの動画やら(http://otonanokagaku.net/magazine/vol17/index.html)、M田Y治氏heart02が出演した「ドグラ・マグラ」の話やらを見ていたらなんか頭がヘンになってきたのでgawk、のどかな中国は杭州の画像をアップしてみます。

2009_0101_111220aa

朝の自由市場でのショット。おじいちゃんとお孫さんでしょうか。
肉のくんせいに興味津々のお嬢さんを見守る優しい目線にこちらまで癒されます。

| | コメント (2)
|

1月25日 トンポーロウは皮

1月25日(日)

しばらくぶりの中国・杭州レポです。

今日ご紹介しますこの「トンポーロウ」、日本で言うところの「豚の角煮」…

ずばり!これまで中国で食べた料理の中で1番かもしれませんcrown

よく豚の角煮をほめる表現として「とろける脂身」といいますが、たしかにとろけておいしいんですが、本当においしかったのは一番外側、つまり。

皮!

2008_1231_181151aa

脂身はとけてしまうけど、皮はもっちり、ネットリ。
ため息つくほどおいしかったです。

2切れ+蒸しパンで1人前約200円。
杭州、よかとこですたい~

| | コメント (2)
|

1月20日 あなたに風船届けます

1月20日(火)

中国・杭州、西湖沿いには大き目でモダンな別荘風の建物が建ち並んでいます。
そんな中のなんてことない風景ですが。

2008_1231_164438aa

自転車で風船を運ぶおじさん。
最初見たとき、おじさんが見えなかった。

レストランで披露宴などが多数あったようなので、会場に運ぶ途中だったのかもしれません。
(行き先が不安になったのか、道の真ん中でUターン中・笑)

| | コメント (0)
|

1月16日 西湖でマラソン

1月16日(金)

2008_1231_160645aa

杭州・西湖には、湖上を横切る(?)堤がドーンとありまして、そこの写真です。
12月31日なんですが、中学生ぐらいかな?鍛錬マラソンしておりました。

ちなみにこの翌日つまり1月1日にはここを始め、他の杭州の見所をめるコースでトライアスロン大会が開かれていたもよう。

走ることは好きじゃないけど、風光明媚なこの景色を見ながらのジョギングは悪くないかも。

| | コメント (0)
|

1月14日 西冷印社と金庸茶館

1月14日(水)

本日、ずーっとずーっと気になっていた歯科検診(自主的)へやっと行ってきました。
特に悪いところはないけど、やはり日ごろの茶飲みがたたってガンコな着色汚れが多数ある模様。しばらくかかりそうですが、まずはひと安心です。
「まがことはおこたりよりぞ来るなり」先手先手で凶を撃退!

★・★・★

さてさて。中国・杭州レポ。
ひとつは歴史ある篆刻研究所である西冷印社(「冷」の左側はさんずいへんが正解)の出張所(笑)

2008_1230_151230aa

河坊街という、観光客むけの古文化街にありまして、中は骨董品クラスの印材が結構無造作に展示してあります。
石づくりの建物からでてきたおじさんの赤いバケツがアーティスティック☆(?)

もうひとつは「金庸茶館」。

2008_1231_130522aa

金庸とは、「射ちょう英雄伝」など中国武侠小説の神様!(って私どもは思ってるのですが)
旅行前は茶館の存在すら知らなかったのが、ホテルにあったガイドブックの地図上でたまたま発見。

「金庸茶館って…あの金庸に関係あるんかな?」

てなわけで、翌日さっそく出かけたところ、やはり!あの金庸先生にちなんだ茶館でした。
金庸先生はこの杭州のどっかの大学にて学び(中退されたようですが)、新聞記者として仕事もされていたというではありませんか!
この思いがけないサプライズに、金庸作品のファンである私と相方がウキウキしてしまったのは当然のなりゆきと言えましょう♪

とはいえ、残念なことに特に金庸作品関連のグッズがあるでもなく、金庸作品のDVDが流れているでもなく、中身は普通の茶館。
料理はちょっとちなんだものもあったかもしれない。
あっそういえば個室があり、その部屋の入り口には「笑傲江湖」とか作品タイトルがつけられてあったのですが、われわれが通された個室の表札ははずれてた(笑)。ちなみに「侠客行」のお部屋でした。
(↑給仕のお兄ちゃんが、入り口でごそごそしてるなーと思ってたら、どうやら表札をつけなおそうとして失敗、あきらめてたようです)

知らない人、興味ない人申し訳ありませんでしたcoldsweats01

でもなんでグッズがないんだよ!!!!
登場人物トランプあったら絶対買う!!!!

| | コメント (0)
|

1月12日 肉のピラミッドや~

1月12日(月)

杭州旅行の目的のひとつに「おいしいものを食べる!」っていうのを設定していました。
この料理もそのひとつ。

2008_1230_181636aa

知味観というレストランの「金牌釦肉(拘肉←間違ってました)」です!

豚バラ肉のピラミッドの中には、たけのこを甘辛炒め煮みたいなんが入ってます。
これを、クレープの皮につつんで食べますheart

いや~~、予約がとれなかったけど、開店時間に行ったら入れたからよかった!

| | コメント (4)
|

1月8日 ナッツ判明、そして似顔絵は?

1月8日(木)

まずは昨日のナッツについて報告。
ナッツ協会というサイトで見てみるとらしきものを発見、その後Wikipediaで確認しました。
おそらくこれです↓

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%82%AB%E3%83%B3

「ペカン(ピーカン)」というらしいですね。
「ペカンパイ」というのを聞いたことがありますが、どうもペリカンを連想してしまうのは私だけでしょうか。
別名「バターの木」。なるほど、こくリッチな風味にもうなずける。
これで安心して全部食べられます!(種類がわかるまで現物を置いとかねば…と思って)

★・★・★

さてさて。

2008_1230_132208aa

今日は久しぶりにみなさんの前に顔を出してご挨拶でござい。
似顔絵を描いてもらってるのですが、果たしてこの似顔絵どんな仕上がりになるのでしょうか。(バックがヒント。ばればれやって!)
明日へ続く。

| | コメント (0)
|

1月6日 杭州報告その2 茶館●湖畔居

1月6日(火)

2008_1229_171118aa

ちょっとぶれてますが茶館にて。
湖畔居というだけあって湖畔にあります←そんな説明いらんって?
この茶館、なんと席数800!さすがにすいてまして、窓際の席につくことができました…がちょっと寒かったshock

ガイドブックによると、「窓からレイクビューを満喫しつつ、のんびり中国茶を味わえる。」とのこと。

それもそのはず!?

なんとここのお茶、1服100元(≒1,400円)もしますcoldsweats01
しかも、われわれが頼んだのはそれでなく、1服180元(≒2,500円)のコース。
英国式アフタヌーンティーみたいなもんと思えばそんなもん?
しかし私のような庶民が「元をとるべく」長居するのは当然のことといえましょう。

ただ、テーブルにならんだお茶うけの数に注目!
お皿が空いたらすかさずさげられ、また別のおつまみが盛られてきます(ほんと山盛り!)
ナッツやフルーツ(ミニみかん、きんかん、たねなしぶどう、どデカざくろ!)のほかにも、するめや杭州名産「レンコンくず湯」まで!
お茶のおともにくず湯あるか!む~~おいしいけどcatface

あと、お茶は当然お湯さし放題です。
「すいませ~ん、さして下さい」と言わずとも、テーブルのそばにやかんが常にスタンバイ。好きなだけ、好きなタイミングでさせます。
実際、中国に行っていつも「いいなぁ」と思うのは、「どーぞゆっくりしてって!」というこの雰囲気なんです。

お茶は袋から出した茶葉をその場で淹れてくれるのですが、残ったものは茶筒に詰めてもらえました。
びっくりしたのは、頼んでもない工芸茶(開いた茶葉が花のようになる、見た目も美味なお茶)まで出てきたこと。
これもコースのうちだったようだが…値段に入ってるとしたらむ~~…
ま、いろいろ飲めて楽しかったよ。

でも…日本と同じ調子で(出されたものは残さず)飲んで食べていると、胃にくる(笑)

| | コメント (0)
|