« 2016年2月16日 台北レポその3・お茶でほっこり | トップページ | 2016年2月18日 台北レポその5(最終回)・おいしいもの  »

2016年2月17日 (水)

2016年2月17日 台北レポその4・おいしいもの おなかにやさしいもの

2016年2月17日(水)

-
実をいうと年末は体調がすぐれず、台北へ出発の朝(午前3時起床)もおなかが空いてるのやらもたれているのやらわからない状態。
20代は大食いでならした私も、さすがに今回は「おなかにやさしいもの」を探す旅になりました。
-
台北到着の夜は、以前から気になっていた「サバヒー(虱目魚・ミルクフィッシュ)」と牡蠣のおかゆにチャレンジ!
このサバヒー粥は中国語版「孤独のグルメ(孤独的美食家)」で吾郎さんが食べに来ていたお店「李家香虱目魚」にて。
201602_taipei001
サバヒーは白身のあっさりした味わい。
サツマイモのツルの炒め物もおいしい!(にんにくはよけた・香りは大好きですが胃への影響を考えて)
-
ところでこのサバヒー。
台南でよく食べられているようで、名物のひとつに数えられているとのこと。
名物といえば、そう、ゆるキャラ。
台湾の人々は日本人同様カワイイ系キャラクターが大好きなようなんですが、これ、いかがでしょうか。
20160217_taipei
「サバヒー坊や」(自由時報)
真っ黒な目がコワいとかまあ、いろいろ物議をかもしたようですが、私は好きです。
高知のカツオ人間もいろんな見方ありますね。魚の頭がそもそもキャラクターってかなり難易度高いものじゃないか?
それでも「やったろやんか!」というチャレンジ精神に脱帽~
-
もうひとつ、おなかにやさしいといえばこちら。
米苔目(ミータイム)
ってなんやねん?米粉とサツマイモ粉を混ぜて作られているらしいもの。
201602_taipei010
豚のスープに、具はニラとフライドオニオン、自分で味付けしてもいいと思いますが、スープを飲み干すんならそのままで。
副菜として厚揚げ煮と、嘴邊肉(豚肉・口の周りの肉?)の素ゆで、どちらもしょうがのせん切りと甜麺醤と辛いソースをつけて。
-
ホテルから近かったのもあり、朝食を食べに2日連続で通いましたよ!
朝早くから繁盛してます。
201602_taipei014
「永楽米苔目」迪化街、永楽市場の近くです。
-
旅先では、外食が続いて胃腸の調子が悪くなることもありますが、このような、おかんみたいなスタッフのいる気軽な食堂があると本当に助かります。
あぁ、食べ物のことを書いていたらおなかもすいてくるし、食べに行きたくなってしまうわ!

|

« 2016年2月16日 台北レポその3・お茶でほっこり | トップページ | 2016年2月18日 台北レポその5(最終回)・おいしいもの  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2016年2月16日 台北レポその3・お茶でほっこり | トップページ | 2016年2月18日 台北レポその5(最終回)・おいしいもの  »