« 2014年1月7日 もちろんこんなのも | トップページ | 2014年1月10日 COMIC CITY(R) 大阪97 準備中! »

2014年1月6日 霹靂ってなんだ!!!台湾旅報告

2014年1月6日(月)

台湾旅報告です。

まわりの友人に台湾好きも多く、いろんな話をきいていたものの、やはり行ってみないとわからない!と実感している次第。

わたくし、なんか、どえらいものと出会ってしまったようなのです。
最初は街を歩いていて見かけたフラッグでした。

20131231_pili001_taiwan

街にあふれる日本語やメイドカフェ、萌え系イラスト。
この耽美系人形の写真に「台湾の人も好きだなぁ」と軽く考えていたのですが。
その夜のこと。
お風呂から出てみると相方がテレビを差し「これってアレやんなあ」

20131231_pili002_taiwan

おぉ?
これは昼間のフラッグでみた耽美系お人形さんでは?
人形というか、CGで光線出しまくって戦っているではないか!
武侠人形劇ドラマではないか!
なんじゃこりゃぁ~~~~!!!!

なんですかなんですか、台湾では毎夜こんなテレビ番組やってるんですか。
人形劇というにはあまりに、お人形さんが美形ぞろい。
まつ毛なんか、ファサファサで男性なんだか女性なんだか。

あまりの強烈な出会いに心乱れつつも続けてみていると、どうやらこの手の人形劇の展覧会が台北で行われているという。
場所はどこでだ!?相方がスマホで検索するも、場所がよくわからない。
昼間とった写真を確認すると「崋山1914…」、あっここか!!
翌日の午後、さっそく行ってみようということになるあたり、夫婦ふたりだけの自由旅行に感謝しました。

さて翌日。
平日ではありましたが、いるわいるわ。
眼鏡をかけ、大き目のいいカメラを首から下げた若手男性、いや、同じくカメラを持った女性も多数多数多数!
会場に入ってみると、いるわいるわ耽美系お人形さん!

20131231_pili003_taiwan

ドドーン!

これはすごい。
お土産はダイジェスト図録みたいなのとステッカーやマグネットなど。
(下の画像は、チケット2枚買ったらもらえるクリアファイル。豪華!)

20131231_pili_taiwan

今も気づくと図録を食い入るように見つめています。
動画の方がもっといいんですが。

ネットに情報を求めるも、日本ではあまり紹介されていない模様。
「霹靂(PILI)」で検索すると、動画とかも見られるには見られます。
私の理解したところでは、台湾伝統の人形劇でありながら、CGや音響を組み合わせてテレビで放映しているみたい。
しかも、毎週1回、2話ずつコンビニでDVDが売り出されるそうで。雑誌?
キャラクターは本当に多種多様(って言っていいのでしょうか?)
これは人気出ます!

ぜひともこちらでも見たいのに、見られそうなのは映画のDVDぐらい。
もちろん台湾でDVDをそろえていってもいいのですが、できれば完璧に日本語字幕をつけてもらいたい。
それとももうどこかで出ているのかなぁ。
情報求ム!

★ ・ ★ ・ ★

そこで、考えてしまうのはやはり日本の伝統芸能である文楽のことです。
私は以前、友の会に入るほど文楽のことが気に入り、いろいろ観に行っていました。
最近では、補助金打ち切りになるかどうか、なかなか大変そう。
お客様に足を運んでもらいたい、って、それはそうなんでしょうけど、今の時代、やっぱりテレビ(ネット動画でもいいかも)で見せていかないとお客様も増えないのではないでしょうか。
あと、言葉の問題。
「人形浄瑠璃」というだけあって、浄瑠璃(語り)も大事な要素なのですけど、今は使われていない言葉や言い回しも多く難解だと思います。
その難解さがいいという気もしないではないですが。

文楽の話の内容は、そのままで十分面白いと思います。
現代からするとえぇっ!?と驚いたり、今も昔も人の心って、同じなんだなぁとか。
興味がある人だけしか見ないものにしておくのはもったいないです。

以上は、以前ちょっとだけ文楽を興味を持っていた私が、台湾の霹靂に出会って驚きのあまり無責任に書き散らしました。
一夜明けるともしかしたら削除しているかもしれません。
もしも関係者の方に失礼がありましたら申し訳ありません!

| |

« 2014年1月7日 もちろんこんなのも | トップページ | 2014年1月10日 COMIC CITY(R) 大阪97 準備中! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2014年1月7日 もちろんこんなのも | トップページ | 2014年1月10日 COMIC CITY(R) 大阪97 準備中! »